理事長ご挨拶

当協会は、昭和60年第102回通常国会で改正された「土地家屋調査士法」により設立を認められた、不動産の表示に関する登記(以下「表示登記」としち。)のスペシャリストである「土地家屋調査士」によって構成された社団法人です。官庁、公署、その他政令で定める公共の利益となる事業を行う者(以下「官公署等」という。)の表示登記の嘱託手続等のお手伝いさせていただくことにより、公共の利益となる事業の速やかな実施と安定を図り、合わせて不動産に係る国民の権利の明確化に寄与することを目的としております。
また、平成20年12月1日公益法人制度改革関連3法が施行され、当協会は平成25年6月19日に青森県知事からの公益法人の認定を受け、同年7月1日公益社団法人として移行登記を完了いたしました。
そして協会を組織する社員は、公益法人移行認定を機に、国民の不動産の権利明確化を推進することはもとより、地方創世の一翼を担う選ばれし土地家屋調査士になることを使命とし、不特定多数の国民の利益となる公益事業の展開をしていく所存であります。 今後とも、なお一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

公益社団法人 青森県公共嘱託登記土地家屋調査士協会
理事長  高 見 雅 之

協会概要

ただいま準備中です。